• HOME
  • フレッツ光 地デジ

フレッツテレビで地デジ対策ができた

【※注意…このページは、フレッツ光限定のサービスについての内容です】

地上デジタル対策で問題になるのが、アンテナ工事。これついてはマイナス意見もあるようです。

  • 電波障害などでもともとアンテナでは対策できない
  • 工事費用(相場が不明瞭という不安をもっている方も)
  • 景観に対する影響
  • 自然災害による倒壊などへの不安
  • 自然災害時の電波障害
  • 問題発生時の普及費用

例えば、上記のような理由は結構な方に当てはまるようで、気になるという意見をしばしば耳にします。地上デジタルが始まる以前から、対策として、ケーブルテレビに加入しているという方も少なくありませんし、現にマンションやアパートで採用されることもあります。

しかし、この対策としてフレッツテレビという選択肢が増えました。

フレッツテレビとは、光ファイバーを利用して自宅までデータを送信し、自宅で従来のアンテナ線へと変換し一般的なテレビやレコーダーで再生・録画ができるようになるサービスで、以下のようなメリットがあります。

  • 光ファイバーを利用するから、台風や大雨などの悪天候に強い
  • 月々682.5円とケーブルテレビなどの同種のサービスと比較しても低価格
  • 地デジ・BSデジタル・MXTVやチバテレビなどU局、スカパーにも一部対応
  • 専用機器や特殊器具などが不要
  • 光ファイバーを利用するから、台風や大雨などの悪天候に強い
  • インターネット接続とお互いに影響を与えないためネットもそのまま楽しめる
  • 初期費用が安く、キャンペーンでさらにお得

しかし、デメリットとして、一部地域のみの対応ということがあります。

地デジも光回線で見る?

地デジ化地デジ化と騒がれている今日。そんな今日だからこそ紹介したいのが光回線を使って地デジを見る方法です。NTTフレッツが提供しているフレッツテレビを利用すると光回線で地デジを見ることが出来ます。

光回線で地デジを見るメリットは全部で3つあります。1つ目はアンテナ設置が必要ないという事。地デジを見るためにはアンテナ工事が必要になるので、アンテナ代金が発生します。でも、フレッツテレビでは光回線でデータ伝送を行うのでアンテナを設置する必要がありません。

2つ目のメリットは映像が安定している事。上記でお話しした通り、フレッツテレビでは外部にアンテナを取り付けません。家の外に取り付けるタイプのアンテナだと外の気候や風などによって映像が乱れる事もあるのですが、アンテナを設置しないフレッツテレビでは外の環境で映像を乱される心配がなく、常にきれいな映像を楽しむことが出来ます。

最後3つ目のメリットはスカパー!も楽しめるという事。NTTフレッツとフレッツテレビを利用すれば自宅でスカパーを楽しめます。と、非常にメリットの大きいフレッツテレビですが、デメリットもあります。

光回線を使って地デジが見られるフレッツテレビは現在サービス提供エリアが関東圏のみとなっています。その為、関東圏外の方は利用する事が出来ません。ただ、徐々にエリアの拡大が行われているので今後は全国でサービスが提供されると思います。

光回線が普及した頃も最初の工事費が高かったですね。ただ、光回線の時と同じように今後は工事費用の割引・無料化が行われると可能性はあります。自宅で綺麗な安定した映像を楽しみたい方は光回線を使った地デジをお勧めします。

光回線のプロバイダの中で選ばれているのは?

先頭に戻る▲